2018年08月05日

いまさら聞けないナナリズム講座

8月8日追記

本日再始動で初めての相互リンクをいただきました。


人気ブログの「お気楽亭極楽の部屋」さんです!


クリックもしくは携帯の方はタップで


ご覧になって下さい!


著者のお気楽亭極楽さん!相互リンク


ありがとうございました!


☆    ☆    ☆



みなさんこんにちは〜


(*´∀`*)ノ


さて、今出先で初めて


携帯でブログを


書いてみています。


携帯で書くと


携帯アプリでやっている


ナナリズムのお話が


しやすいかなーと思い


書き始めましたが、


やっぱりフリック操作は


ダルいですねー


キーボードでカンカンカンと


打ち込む方がずっと楽です。




まず、私のナナリズムの


スタート画面です


A134DF44-3EED-42AC-B732-F79BFE80B839.png


うわっ!


自分では小さくてもう


写真の内容がわからん!
(携帯ブロガーあるあるなんでしょうか?)


まぁ、とりあえず


皆さんには見えていることでしょう


今のランクやら、最高スコアやら


無課金で貯めたディスク
(注「ディスク」・・・課金 アイテム。これがガチャを回す時とかスタミナ回復の時に必要になります。
ビタコレ7のクリスタルであり、サミタのワットの事)とか


っで、チームは


24FDEC51-19AA-4952-8BF4-ADE08E0D0BC5.png


このようにチーム1は


フレンドに使ってもらうキャラなので、


その時のイベントに役に立つキャラを


一体だけ選んでチーム1に入れます
(そしてメインチームにします。黄色でMAINと書かれています)


こうすることで


相手にとっても有用なキャラなら


フレンドを効率よく


増やすことができます。


「フレンドに役に立つ」とは


キャラのアイコンに


「+10%」とか「+20%」とか出てるキャラで


そのイベント期間中、スコアが


上乗せできるキャラのことです。



また、フレンドに使ってもらえると



フレンドポイントというものも貯まり



各種アイテムに引き換えが可能です



このゲームは



フレンドの強さが最重要と



いってしまっても過言ではありません。



自分がどんなに強くても



フレンドのキャラが弱い、



もしくはフレンドが少なすぎて



すぐに尽きてしまう など



こういうことになると



楽曲の点数が出ず



報酬のディスクがもらえないとか



イベントのポイントの蓄積が遅くなるとか



何度もやり直さなければならないとかの



わずらわしい結果になってしまいます。



ですから、最初から強いフレンドを仲間にする



ことは念頭においてプレイしなければなりません。




はじめたての時にタダでもらえるHxDみたいな名前の



赤いロボットの女の子はもう、序盤で使い物にならないので



はじめたての人にオススメなのは



とにかくガチャでSSRキャラを引くことです



今ならたったの40ディスクで



各属性の強キャラが確定で手に入るので




こういうお祭りの確定ガチャは見逃さずに引くべきです。



っで、そのキャラだけガッチリ最大まで育てます。



初めからスキルマックスとかは難しいので



とりあえず覚醒させてSSR+というレア度にすれば



他のプレイヤーにとっても


「使いたいキャラ」になってくれます。



そしてそのキャラをメインチームのリーダーにし



ガンガン フレンド申請を出しまくります。



例えばビタコレ7なんかを例にとると



新しいフレンドを仲間にしたかったら



「ゲスト」という表記の人と一度クエストに出て



終了時に「友達申請をしますか?」みたいな形で



ボチボチフレンドを増やしていく形もよくありますが、



ナナリズムに関してはそのルートもあるにはありますが



それでは効率が悪いので



ホーム画面から「フレンド」→



「フレンド検索」と押して



そこに出ている自分と同ランクの人に



片っ端から「申請」を送り付けます



自分のキャラを有用だと感じてくれれば



フレンド申請を許諾(きょだく)してくれるでしょうし



フレンドの枠自体が空いている人なら



フレンドになってくれることもあるかもしれません。



こういった作業をコツコツと日々繰り返すことも



非常に重要な作業になってきます。



☆    



ちなみにキャラクターの顔の下にある緑色の三つの丸いアイコンは



そのキャラにサポートとしてくっつけているキャラクターです



ビタコレ7でも同じ機能がありますが、



余っているキャラをくっつけることで



若干の強化が可能です。



最終的にはそのくっつけるキャラ自体もSSR+の



最高レア度で厳選していくのが目的なんですが



最初はなかなか揃わないので



レア度SRのキャラをしっかり育ててくっつける形



最初の最初なんかレア度N(ノーマル)のキャラも



総動員でグループを作っていくことになります。






いわゆるソシャゲ(ソーシャルネットワークゲームの略なのかなw)



まぁ携帯アプリのゲームですね



モンスト、パズドラそういったゲームでも



こういう感じでフレンドの存在がありますし。



強化合成や覚醒(進化)なんかも



やはり同じようにあるのが普通なので



コツをつかめれば携帯アプリにも進出していけるはずです



モンストとか馬鹿にしてる大人が多いですけど



いや、よくできたゲームですよ



グラフィックこそは紙芝居?みたいですが



ゲームの中身はよく練られたものです。



5年も6年も第一線で遊ばれている



イコール 課金して必死にやっている人がいる
(一千万以上課金していることを公言しているYouTuberもいます)



ということですからネトゲでは賞賛に値します。



しかもモンストはE-SPORTS(イースポーツ)という分野の開拓を



熱心に進めています。



イースポーツとは欧米や韓国なんかでは


もっとすすんでるんですが



プロのゲーマーが競技としてのゲームを



大会などで技を競い



それを観戦して楽しむ人も多く存在するものです。



私もその観戦者の一人なんですが、



今年は日本で開催された



EVO(エボ)という「格闘ゲームだけの世界大会」があって
(去年はラスベガスだったかな)



ストリートファイターを始め



鉄拳、スマブラ、マーブルvsカプコン、などなど



世界のトッププレイヤーの対戦格闘を


観戦することができる



大会があるんです。



もはやスポーツとも言えるコンマ何秒の世界の戦いがあるんです



毎年楽しみにしていて某動画サイトで見ているんですが



そういったものの似たようなものを



モンストも3年前だったかな~



それぐらいから始めていて



優勝したチームには賞金2千万円とか
(破格な賞金です)



名古屋のモンストプロのおじさん達の



「今池壁ドンず」という人たちが強いのなんのって



彼らは今年2度目の優勝をかっさらって


運営からプロと認定され


おそらく今後モンストプロとしての


お仕事を頂きながらプレイしていくんだと思います



そのイベントも幕張メッセで開催しているとか



そんじょそこらの企業ができるレベルではない



儲け方をしてることは一目瞭然です



この成功例の後をナナリズムさんを始めとする



各種携帯アプリ企業が



狙っているということなんですね。多分



サミタも携帯アプリのソシャゲ勢が



ぼろ儲けしているのを見て



自分たちも一儲けしてやろうと



ナナリズムを展開しているはずです



しかし、いつもの通り



「太らすだけで圧縮しない」ゲーム作りなので



すぐスペック不足になり



ユーザーを置いて行ってしまっています。



曲中の動画をオフにしたり



アプリの削除機能や



キャッシュクリア機能をつけてはいますが



現状、ほとんど効果がないといってもいいと思います



2年とか3年とかで新しい携帯なんか



買えないんですよ!



おじさんが買う必要もないしね



ほんっっとナナリズム(サミタ関連)だけですよ



いつも端末の買い替えの検討は



サミタが原因なんです






おっとすぐに話がそれるw






でも、もうちょっとそれるのが私のブログww



ハハ!攻略サイトだと勘違いして入ってきたアナタ!



ここは違う窓口ですw



攻略情報なんてほんのちょっとで



あとは私の雑談に付き合わされる読み物



まんまと騙されましたねw






ではソシャゲはなぜあそこまで流行ったのか




( ゚Д゚)<「おい!ナナリズムどこいったw」



大丈夫ちゃんと帰ってきますから



あのですねぇ



フレンド機能の最大の狙いは



「競争意識を持たせること」なんですね(多分)



例えば友達と一緒にスキーに行ったとしましょう



ある人(´・ω・`)<「なんでいきなりスキーにしたの?」



俺( ゚Д゚)<「分かんないけど思いついたからだよ!」



いや、スキーぐらいが分かりやすいんですよ



スキーが上手な友達が



やっぱサロモン(有名メーカーね)の板はここが違う



みたいな話を熱く語り



華麗な滑りをされて



(次が大事ね ↓ )



そいつがモテてw



自分が惨(みじ)めな思いをしたとします



さぁ!良い板が欲しくなったでしょ?
(なったことにしましょうw)



大事なのは「自分が惨めな思いをすること」



となりで少し早く始めた友達のキャラは



自分のキャラよりだいぶ強くて



活躍するんです。



でも自分のしょぼいキャラは足を引っ張って



自分のせいでその戦いに負けたりするんです



友達は上から目線で



友(´・ω・`)<「ドンマイ、ドンマイ」と



言ってきます。



しかし、アナタは思います



アナタ( ゚Д゚)・・・(心の声)『お前の実力じゃねぇしな!キャラが良かっただけだしな!』



そして闘争本能に火が付きます



気づいたら一万円を課金して



10連ガチャを回しているんです。




その~



競い合わせることが非常に重要だと



どこかのタイミングでゲーム制作サイドが



気付いたんです



人がムキになるときって



負けたくない時で、しかも



機械相手ではなく、



身近な人にこそ闘争本能を燃やしてしまう
(バブルの頃に競って良い庭を作ることに命を燃やした
先人達がいました。いまやただの粗大ごみです)



だから、常にフレンドの強さを見せつけよう



「アイツちょっと先に行ってるじゃねぇか」という



気持ちを喚起(かんき)させよう



こんな感じでソシャゲは成り立っていると



私は分析しています。



だからフレンド機能はなくてはならないものなんです



これをなくすと人はムキになってくれなくなる



ムキになるときに人は金を落としますから



そういう押引きはサミタは長(た)けています



キッチリ金を徴収する算段を



日々会議しています。



だから強すぎるキャラは作ってはいけないし



頑張っても成果が薄いイベは作ってはいけないし



友達がゲットしていても



その友達( ゚Д゚)<「たいしてかわいくないじゃんこのキャラ」



ってなってはダメですし



しっかりとした女性キャラの露出や



魅力的なスキルの調整は



したたかに日々会議しているはずです。



だから私は言うんです



俺( ゚Д゚)<「運営がヘソ曲げるまでね」と



いま、こうしてマカゲ連動ポイントで



無料で新台を打てる時期が来てますが



こんなの長く続くわけがありません



だって、みんなが私みたいに



月額だけの課金でぬくぬく遊びだしたら



採算が合わなくなりますから



でもしばらくは大丈夫なんですね



どうでしょうね~



大胆に予想しましょうかね



この状態がいつまで続くか?



私のプロファイリングですよ



ナナリズムがサービス停止になるまで続きますね!



おお~



結構大胆に予想しますねー



というのはサミタはナナリズムを



ドル箱アプリにしたいんです



( ゚Д゚)<「ドル箱アプリ?」



売れっ子の役者のことを



「ドル箱役者」と言ったりしますが



近い感じで「稼ぎ頭(かせぎがしら)」みたいなことです



パズドラ、モンストの成功を羨(うらやま)しく思っている



サミー運営が



俺達も携帯アプリでガッツリいこうや!と



気合を入れて開発費を投じた部門なんでしょうね



私に言わせれば



クソアプリですがwww



5年目や6年目に突入している



パズドラ先生やモンスト師匠でも



私のiPhone6でもちゃんと動くように



圧縮のアップデートをしてくださっているのに



ナナリズムちゃんは



いつも自分勝手w



太らすだけ太らせて



ナナリズムちゃん( ゚Д゚)<「携帯機種変しなよ!」



と迫ってくる



これではユーザー獲得には辿り着きませんよ



ゴースト起動っていう



新しい発想に辿り着いたのなら



iPhone6にも対応するような



アプリにせんかい!



っていうことなんですね



だからいつもサミタは斜め上



本来するべきは



ゲームの圧縮なんですが、



なんでも自社製品で作ろうとするから



ゲーム作りの下手な奴らがゴネゴネやってるので



結果上手く作れない!



そうしてやがてユーザーは離れ



アプリ自体の運営が出来なくなっていく



ルーレット7のアプリも自然消滅しましたねw



あのゲームは最初の段階でシステムに難がありました。




まぁ予算が回らなくなったわけです。




でも今回ナナリズムは結構「良いアプリができた」と



ちょっと自信を持っているので
(楽曲の使用料、ジャスラックに払う著作権料なんかの必要経費もあるはずですよ)



マカゲ連動ポイントの大盤振る舞いをしながら



既存ユーザーのナナリズムへの誘導を



試験的にやっているんです。



(なんか私ハッカーみたいな奴ですね。)






無料携帯アプリってどうして成立しているか知ってますかね



ダウンロード無料



プレイ無料



毎日課金アイテム配布



どこでお金取ってるのか?



まぁさっきも話しましたが



競争心をあおることも一つなんですが


突然ですが、


錦鯉(にしきごい)の愛好家って


どれぐらいいるか知ってますか?



あの贅沢品(ぜいたくひん)の極み錦鯉です



調べてみると・・・



海外も合わせると



約10万人はくだらない数です。



10万人が毎月2千円使うだけで



売上2億です



モンスト何千万ダウンロード?



1000万としても



100人に一人は課金しちゃう人がいるんですよ



毎月一万円課金したとして



売上10億ですよ



その「課金しちゃう人」を誘導するためには



99%の無課金ユーザーも必要なんです



一定の「課金しちゃう人」がいるおかげで



我々無課金ユーザーが



長々とアプリを遊べているわけです



課金ユーザーに感謝しなければならないのに



さも、無課金の方がエライと勘違いしている人もいます



イヤイヤ、我々の方がズルい方なんですよ。と



多くの人に叫びたい気持ちで一杯です



テレビの地上波をなんでタダで見れているか



分かっていない奴に、



俺( ゚Д゚)<「はぁ?お前スマスマ見てんならロート製薬の目薬買えし!」



本当はそういうことなんですよね


(長寿番組だったSMAPxSMAPのスポンサーが
ロート製薬の一社提供だったことにちなんでいます)





さて脱線しまくりましたが、


ここで現状の私のナナリズムの


使用パーティーを紹介していきましょう
(サラッと)



6358DE09-4B12-4FC7-A87A-5D70DD814C34.png
60B047E2-2DF5-4664-BA7D-294B025C4EF3.png
0E8781E3-2E98-48DE-9A9F-5D9A67B1AFAD.png


まぁあの現状報告ですね。


人( ゚Д゚)<「オイ!クソパーティーだな~りーやま!」と


思われた方も多々おられるはずですが、


無課金なんでこんなもんです。


赤の属性がいつも力不足を感じますが、


青と黄色は結構Sランクがほぼ確定でとれます


ひぐらしの古手リカちゃんなんか


結構頑張りましたよ


イベポイント何十万も稼ぐのに


課金アイテムのディスクを相当数 


溶かしました。


(ちなみにパズドラで課金アイテムの


魔法石を使うときに


「石を割る」とか言います)




なんか今週の運営アナウンスで


大型アップデートが入るようなことを見ました


俺( ゚Д゚)<「オイ!また重くする気だろ!」


いや~軽くなったら認めますよ~


でも重くするんだろうなぁ~


でも「ゴースト起動」を手掛けた


なんだっけw


シカのコスプレしている運営の人w


あの後のアプデなんで


「もしかすると」って


ちょっと期待しています。




ナナリズムは本当に


「慣れ」の世界です。


慣れると押し方とか


なんか、


「指が押す位置を覚えていく」というか


なんか自然に反応できるように


なっていきます。


私のような


中年プレイヤーの皆さん!


まずはノーマルモードから


しっかりステップアップしながら


覚えていくことを


オススメします。


いきなりマスターからやったりすると


すぐに嫌いになっちゃいますよ


マスターのクリアには


プレイヤーの「腕」よりも


キャラクターの強さの方が重要になってくるので


マスターは一度クリアできた楽曲を


繰り返しプレイするか


若い人にやってもらうのが


私なりの攻略法です。


あと、楽曲によって


マスターの難易度がエゲつないものが


存在するので


注意が必要です。


思い出せる限りで書いてもいいんですが


かなりの数があるんで


ちょっと割愛させていてだきます。


でもマスターでも


ビックリするぐら簡単な楽曲もあります。


でもたいがい、ハードが簡単な曲イコール


マスターも簡単!


っていう考え方でダイジョウブかと思います。


ハードをAランククリアしないと


マスターは開放されないため


絶対にAランクはやることになるので


そこで判断していただければと思います。




ということで今回はこの辺にしたいと思います。


ナナリズム参入に


二の足を踏んでいた方が


「やってみようかな」と思ってくださる


きっかけになったのならば


それ以上の喜びはありません。


ということで


「いまさら聞けないナナリズム講座」


今回はこの辺でお別れです


それでは皆様


アディオース( ゚Д゚)ノシ


続きの記事はこちらからどうぞ
 ↓  ↓  ↓


777 TOWN.netランキング




posted by りーやま at 02:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。