2009年12月22日

[2] 思てたのんと違う!!



先に言っておきます・・・私 本日  酔ってますww


たまには、酔った勢いで何が書けるか挑戦ですw


まずは、昨日のロマネ&メフィの具合から。


直前まで打っていたメフィをあと8時間残した状態で、


ロマネの為に5k勲で精算。


まあメフィストの↑は17枚とかで安いのでいいんですが、


万枚への希望を断ち切ってのロマネ参戦なので、


ここはどうしても勝ちたいところ。


入場状況は・・・結構ガラガラ・・・


最低ラインの5000ドルバ(だっけ?)に届けば、


最低1000袋はもらえそうな感じでした。


スロは神輿、パチはアバとの連携もあって男塾。


見た目、スロの方が多そうだったので、パチで挑戦。


100回転以内に初当たりを引き確変!


これは行けたか?と思えど、出玉1200発ほどで終了。


早い当たり=良台という考えで、勝負続行したのが、


運の尽き  でございました。


そこからは見るも無残なマイナス街道


結局 諦めモード に突入しM-1の録画をみながら適当にデフォオート


前回の「なつくのいち」の時に引き続き、


「ミント」アバでの参戦も連続敗退濃厚です。


ロマネ・・・調子悪すぎです。



そしてM-1についても・・・


パンクブーブー? 優勝ですか・・・


これから仕事ガッサリ入るんでしょうね~


やはりある程度はM-1王者という称号で


持ち上げてはもらえるんでしょうが、


生き残れるかどうか?(テレビ界で)は彼らの


テレビ演者としてのスキルではないでしょうか?


雰囲気的に、正統派漫才&無名というつながりで


ブラマヨの優勝を思い出しました。


決勝1回戦での出来では、笑い飯 がダントツだったと思います。


島田紳助が100点をつけた程、


「100点付けたらこの後出てくるやつらで困るんですよ


でも、困ってもええかな~って思えるぐらい感動しました」


という彼のコメントが表すほど、


今回の笑い飯の「鳥人(とりじん)」というネタ

(頭が鳥で体はタキシードを着た人間という設定)


は最高でした。涙を出して大笑いさせていただきました。


その次の順の「ハライチ」というコンビのネタも


僕は好きだったんですが・・・最後めっちゃ盛り上がったところで


ブツッっと笑いを断ち切ってしまったのが非常に残念でした。


決勝に残った3組は、


(あっ言い忘れましたが全て僕個人の感想ですww)


笑い飯が下ネタに走り自爆


ノンスタイルは「スタイルにとらわれない=ノンスタイル」と


言っておきながら、去年とスタイル一緒→みんな飽きた。


っで、さほど大爆笑は取ってなかったけれども、


初出場という新鮮さと、漫才の完成度や技術の高さで


パンクブーブーが一つ際立ってしまったなぁ~というのが


僕の感想です。


今回で9回目?ですか?


さすがに飽きてきたな~というのが後味。


「M-1王者」とか「-出場」とかの肩書きがつくと


経済効果高すぎなんでしょうね。


決勝進出までの審査方法とか一切公表されず・・・


優勝者は出場できないのかと思ってたのに、


ノンスタイルが2連覇賭けて決勝に出てきちゃったり、


(多分吉本興業もオードリーにやられてノンスタイルで


回収できなかったのかなぁ~ なんて・・・)


敗者復活の最後のインタビューもキングコングが出てきちゃったり


敗者復活もテレビ中継あったからな~


数字獲るためにそうしたのかなぁ~  とか


金の動きが見えてしまった時点で、萎(な)えてきます。


(あくまで個人的な感想ですよw 飽くまでもw)


そして酔いに任せて僕のお笑い談義は加速していきます。


さっき言った「テレビ演者としてのスキル」的なモノで決まるだろう


っていうのは、僕は「目の動き」だと思っています。


カメラを向けられたときの目の動きです。


チラッとカンペをチェックしてしまったり、


チラッとモニターチェックしてしまったりすると


「あ~これから作った芸を披露するのね」と


無意識ながらも視聴者は違和感を感じてしまうと思います。


松本人志の目の動きを見るとそこにプロのテレビ演者を感じます。


彼の笑い顔(わらいがお)とかは「本当に楽しそうに」見えますし


そこに全てが集約されていうかのようなモノを見ます。


島田紳助との共著「哲学」という本の中で、


松本がお笑いについて真剣に語っています

(多分真剣に語らされていますw 先輩の力で)


小さいころオヤジが株主優待券を持って帰ってきたことで、


吉本新喜劇を毎週 生で 見ていたこと


紳助を見て「俺の時代が来た」と感じ取ったセンス


そして、ダウンタウンの漫才を舞台袖で見て


「俺たちの時代は終わった」と漫才から足を洗う紳助


紳助はダウンタウンに「お前らホンマ死んでくれ。仕事なくなる」と言う


松本は紳助に「同じ舞台で勝負したかったのに、逃げられた」と言う


その二人が今、横にならんでM-1の審査委員をしています。


彼らはもうM-1の終わりを感じているんじゃないでしょうか?


パンクブーブーが上手く売れれば、来年も変わらず


やるんでしょうが・・・もはや「M-1王者」も影響力がなさそうで・・・


怖いところです。 来年は彼らに注目しましょうww



さてさて、サミタブログでした。


完全にミクシィとかと勘違いした内容であったことを


お詫び申し上げたいと思いますww










調子悪いんすよ~~!


メフィストっ!


もう累計4回も失敗してます _| ̄|○


正直・・・(サミタ歴もそんなにですが) メフィストで


失敗したことなかったんで・・・・超ショックです


超ショッキングな現実です。


大人達の陰謀ですw


冷静に考えると・・・最高設定 ですよ! 


マヒしちゃってますが、設定6なんですよww


機械割りとか考えると・・・・やっぱオカシイことになってきます


まあそれは置いておきましょう。


それ言い出すと「身」も「フタ」もなくなってしまうんで・・・


とりあえずりーやまは今日も全力営業しておりますが、


現在・・・


勲章12個・・・    ・・・・      ・・・・     ・・・・


去年の笑い飯のコメントをお借りしますと







「思てたのんと違う!」 です。




もう勲章30個取り終えて、新ガメラの枚数チャレンジしてる


はずだったのに・・・思うてたのんと違います。


は~(ため息)・・・ロマネは出ないわ、メフィに裏切られるわ


吉本 金にモノ言わすわで・・・・・おっとw


トホホな現状ですが・・・


前向きに頑張っていこうとおもっちょりますw


今日はかな~り傲慢かましまして・・・・


お付き合いありがとうございましたwwwww


酔った勢いです。酒の席ですww。


賛否両論あるかとは思いますが・・・


まあ「こういう奴もいるんだなぁ~」と


笑って見て頂ければ


幸いです。










そうそうあと一つ。


呼びかけたいんですが、


サミタの通貨を「最高設定券」から


「最高・激甘 引き換え券」に変えません?


↑ コレ、変換するの大変すぎでしょ!


運営にはアンケートなどで、プッチの変換や、


こういう券の変換で「10枚単位を作ってくれ!」と上申してるんですが・・・


動きナシ。


だってプッチを麻雀券とかに変えるの・・・大変じゃないです?


あれが100プッチ=麻雀券10枚 という項目があったなら


どんなにプッチを稼ぐ気持ちになるか!!


現状の相場の「最高・激甘引換券」がなぜか最高券より高いのが


どーーーにも納得できません。


だって激甘ぐるぐるなんて最高券より地位低いのに


なぜかどちらにも変換できるってだけでちょっと地位が上ってる・・・


っていうのがどうにも解(げ)せないわけで・・・



みなさんこの券を通貨にしましょうよ!


変換めんどうだし・・・溜まっていく一方だし、


いざ使おうと思うとクリック地獄をさせられるわけですし・・・




・・・・・・・・っと ww 


今回かな~り傲慢(ごうまん)かましましたが・・・


酒の席ってことでwww


長々とお付き合いいただきましてありがとうございました!


今後ともよろしくお願いいたします。


いつもお読みいただきまして本当にありがとうございます!!!!!



posted by りーやま at 01:34| Comment(2) | TrackBack(1) | イベント関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高・激甘引換券は最高が持ちきれなくなりそうな方が集めてるので価値があるのかなと思ってます。
これも運営が最高の上限を上げれば管簡単に解決するんでしょうけどねぇ。
Posted by kei at 2009年12月22日 13:31
りーやまさんご無沙汰してます(^ー^)

サミタのほうじゃなくて申し訳ないですが、M-1の感想すごく面白かったです!
りーやまさんと同意見ですね~。
私もM-1の感想ブログに書いたんですけど、出来レースじみてますよね。
そうだ、キングコング出てました出てました(笑)
本当に最近のM-1はちょっとずつおかしくなってます。

・・・去年の王者ノンスタイルがいまいちパッとしなかったからですかね(爆)
吉本がどうにかしたい。なるほど(笑)

パンクブーブーはどうでしょうね~。
芸歴がそこそこあるコンビなのでもしかしたら弄り方ではいけるかもしれないですね。

去年のオードリーように華のある最終決戦組がいなかったのでどうかわかりませんが、
出場コンビの中ではハライチがいろんな番組に及ばれしそうな気がします。
最初なんだろうと思ったんですけど、すっかりあの雰囲気にまいってました(笑)
引き込まれましたね~、笑わせてもらいました。

あと松本×紳助の思いもこうして改めて書かれるとすごいですよね。
松紳が終わったのが本当に残念で。
2人がやってたこの番組は作られたものではなく2人のリラックスしてる感じが伝わるとてもいい番組だったのに。

酔った勢いで書いたこの記事、とてもいいです(笑)また酔っ払って書いてくださいね~

>nekosoraさんへ
うぉー記事並みの書き込みありがとうございます^^w

お笑い談義・・・何か盛り上がりそうな雰囲気ですね~

ハライチ←テレビ受け良さそうですよね~クールな相方が
変な空気出さなければ売れるでしょうねぇ~。

ネタ後のコメントの「緊張しませんでした。だって笑い飯さん優勝ですから・・・」の時の表情がヤバイ空気出してましたww。
でも4位に落ちたときの「R-1で頑張ります」は面白かったwwう~ん。どちらに転ぶやらw

松本x紳助は本で読んだのでオンエアはあまり見てなかったんです・・・本読んだら、オンエア見たかったな~って思いました。でも逆にダラダラもしてたのかなぁ~ともwなんかネズミについて真剣に検証してませんでした?w

まあでもネコさんもお笑い熱いってのが知れて嬉しいです。
今度対談企画wwしましょうね~~^^

それでは今後ともよろしくお願いいたします~^^

りーやま

Posted by nekosora at 2009年12月24日 13:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

m-1王者 サンドウィッチマン
Excerpt: サミタでプラス収支を狙う男のボヤキ(;´д`)トホホ: [2] 思てたのんと違う!! 「M-1王者」とか「-出場」とかの肩書きがつくと 経済効果高すぎなんでしょうね。 決勝進出までの審査方法とか..
Weblog: 20秒で読める芸能ニュース
Tracked: 2009-12-22 17:12
商品紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。